2011年3月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:51 Mar 14 2011

中国国内で放射線量の異常は確認されず

今後3日間、中国への放射性物質の影響はない

 環境保護部(国家核安全局)の担当者は12日「大地震が日本の原子力発電所におよぼした影響を強く注視し、事態の推移を見守っている」と述べた。観光保護部は同日午前7時、黒竜江省、吉林省、遼寧省、天津市、北京市、河北省、山東省、江蘇省、上海市、浙江省、福建省、広東省の各環境保護当局に対し、放射線量監視の強化を指示した。現在、中国国内では放射線量の異常は一切確認されていない。

 世界気象機関(WMO)と国際原子力機関(IAEA)北京エリア環境緊急対応センター(中国気象局国家気象センター内)は同日午後10時、最新の気象データと放射性物質の拡散パターンを総合的に分析した結果、「中国は日本の西部に位置し、放射能漏れが発生した地域では風は最近西から東へ吹いている。今後3日間、中国への放射性物質の影響はない」と発表した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年3月13日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古