2011年3月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:12 Mar 14 2011

人間の大きな愛は国境を越える

 3月11日は日本の人々にとって非常に不幸な一日となった。未曾有の大地震が日本を空前の災難に陥れた。これは日本の人々の災難であるのみならず、全世界の災難といえる。災難は人類をたたきのめすことはしない。ましてや人間性を消してしまうことはない。むしろ、巨大な災難を目前に、人間性の力は燦然と輝き、人間の大きな愛は国境を越える。

 日本で大地震発生後、中国国務院の温家宝・総理は日本の菅直人首相に電報を送り、中国政府を代表して日本政府と国民に対して深い慰問の意を伝え、中国側が日本側に対し必要な支援を提供することを望むと示した。外交部の楊潔チ・部長も同日、日本の松本剛明外相に慰問の意を伝えた。

 民間では、これまでに8億元以上の義援をした中国の「最高の慈善者」と称される陳光標・氏が発生直後に日本へ赴き救援参加することを宣言した。陳氏は、四川大地震の際、日本の救援隊は危険を顧みず我々の困難な同胞を救ってくれたと語った。今回、陳氏は自ら救援に赴くだけでなく、義援を申し出ている。

 政府と厚い実力を有する民間団体が日本への支援を積極的に準備しているほか、中国のネットユーザーらも日本の大地震に極めて関心を寄せている。ネットユーザーは日本の被災者のための祈りを続々と書き込んでいる。ネットユーザーが自発的に発した日本への声援からは、犠牲者への哀悼だけでなく、中国政府に対して、日本国民の心を安らげ、被災した人々の困難な境遇を助けるよう呼びかける声も聞かれた。あるネットユーザーはこう書き込んでいる。

 「日本人は四川大地震の時に私たちを助けてくれた。私たちは今でも感謝している。そして日本人が地震から立ち直ることを祈っている」。

 「大国の模範として、責任ある大国の責任を示し、人道精神を発揚し、中国はできるだけ早く支援の手を差し伸べるべきだ」。

 「日本のために祈る!国民の皆様が困難を乗り越えられますように、不幸な方々に深く哀悼を!」。

 「人類は同じ地球という村に住んでいる。自然災害を前に人類は一致団結すべきだ!」。

 「人類の悲劇、だが日本が平安に過ごすことを願う」。

 ある大手サイトが「日本の大地震をどう思うか?」と調査を行い、3つの質問を設けた。「日本という国の地震の際の対応をいかに見るか?」「今回の大地震に対してどのような感想があるか?」「日本に対して人道主義援助を組織するべきか否か?」筆者がこの原稿を執筆しているまでに、20万人近くのネットユーザーから意見が寄せられ、90%以上は日本国民が大災害に直面していることを「震撼する」「敬服する」あるいは「すべきことをしている」としている。80%以上のネットユーザーは中国は日本を援助すべきだと認識している。

 あるネットユーザーが書き込んだ。「中華民族には大きな愛がある」。確かに、災難に面し、愛は国境を越え、歴史を超え、一切の唯一の信仰を超える。(候金亮・知名評論家)(編集HT)


 *チ:「たけかんむり」に「褫」のつくり

 「人民網日本語版」2011年3月14日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古