2011年3月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:15 Mar 18 2011

日本の大震災で中国国民が学んだこと

【特集】東日本大震災

 大惨事となった東日本大震災は、四川大地震を経験した中国人にとって他人事ではない。「他人の不幸を喜ぶ」ことや「全くの無関心」はもってのほかで、同じ人類という名のもとに、日本の幸せを祈り、日本を応援することが、今の中国人の共通した心情だ。言葉の上だけにとどまらない人道主義こそ、大災害を目の当たりにした人類の共通意識となっている。今こそ、あらゆる紛争や敵対意識は一切投げ捨て、血の通う人間同士、人類にもたらされた災難にともに立ち向かう時だ。「中国青年報」が報じた。

 中国国内メディアが報じる大震災報道で、印象的な2つのことがあった。まず、混乱の中にあっても決して取り乱すことのない日本人の秩序正しさは、賞賛に値する。次に、日本のマスコミ界や社会各界による被災者救済に対する前向きな態度も素晴らしい。中国には、「多難興邦(国家多難の際こそ国家を興隆させよ)」という言葉がある。特に重要なことは、高校教育までに災害に関する知識を増やし、多くの経験を積むことだ。マスコミが発達した今日では、自国で災難が起きて初めて国を興隆させるのではなく、他国で起きた災難からも学ぶことが、不可欠な重要課題であろう。

 中国国内メディアは、日本の震災報道に眼を光らせ、国民に伝えている。これは、決して「外国賞賛」ではなく、日本を美化している訳でもなく、日本の災害が、中国人の災害教育の絶好のチャンスであるとの見解によるものだ。「三人行必有我師(三人が何かをすれば、その中に必ず自分の師とすべき人がいる)」、学ぶことに長けているのは、中国民族の伝統の美徳である。大震災に見舞われた後、国民からメディアまで、企業から社会団体までの日本人の振る舞いは、中国人に多くの学びと感動をもたらした。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古