2011年3月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:39 Mar 21 2011

赤十字社、安否情報確認サイトを開通

 東日本大震災を受けて、日本赤十字社は、安否情報検索確認サイト「ファミリーリンク・ネットワーク」を開通させた。中国国内のネットユーザは、中国赤十字会サイトの「ファミリーリンク・ネットワーク」を通じて、身内の安否を検索することができる。17日午前9時の時点で、同ウェブサイトの掲載情報は4281件に達しており、今も増え続けている。 北京日報が報じた。

 赤十字国際委員会(ICRC)と日本赤十字社が共同で立ち上げた「ファミリーリンク・ネットワーク」は、誰もが無料で利用できる。双方から被災地に派遣された担当者が、現地で行方不明者に関する情報を集めている。ウェブサイトはまず、日本語バージョンと英語バージョンが開設され、ほどなく中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語の各サイトも出来上がった。17日午前9時の時点で、サイト掲載情報は4281件に達し、今も増え続けている。

 中国国内のネットユーザは、中国赤十字会サイトから「ファミリーリンク・ネットワーク」にアクセス可能で、登録や検索が行える。さらに詳しい情報が必要な場合は、最寄りの赤十字社に問い合わせることも可能。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年3月21日

【特集】東日本大震災

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古