2011年3月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:40 Mar 30 2011

国際フェリー、神戸から天津着 震災後初

 東日本大震災後初めて神戸を出航した国際フェリー「燕京」は20日午後3時30分、予定より約1時間遅れで天津港国際客船ターミナルに到着した。人民網が伝えた。

 「燕京」の乗客279人のうち、中国人は228人、日本人は51人。神戸、大阪、東京からの乗客が大部分を占めた。日津津神客貨輪船有限公司の張遠飛総経理によると、「燕京」は定員399人で、日本で予約はいっぱいになったが、予約客の一部が交通事情により乗ることができなかったため、実際は定員より少なくなったという。次回の運航では、すでに100人以上の予約が入っており、旅客はさらに増える見通し。張総経理は、国家主管部門から緊急通知が入らない限りは、「燕京」は今後も定期運行を続ける予定だと話している。

 「燕京」は21日午前11時ごろ、乗客60人を載せて予定通り神戸に向けて出航、25日に神戸から帰航する予定。現時点で、「燕京」の運航スケジュールは通常と全く変わらない。(編集KM)

【特集】東日本大震災

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古