2011年3月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:45 Mar 22 2011

中国人95人、「震災臨時帰国証明」で帰国

 乗客286人を載せた中国東方航空MU178便が19日、上海浦東空港に向けて新潟を離陸した。乗客の中には、パスポートが大津波で流された95人の中国人もいた。駐新潟中国総領事館は彼らのために「東日本大震災臨時帰国証明」を発給した。浦東空港ターミナル人民警察は、95人の身元確認とともに入国手続きを進めた。同日午後2時頃、MU178便は浦東国際空港に到着した。無事祖国に到着した乗客たちには、まだ緊張感が漂い、不安げな様子だった。「震災臨時帰国証明」で帰国した95人は全員、浙江省温州市から宮城県石巻市に赴き、海産物加工に従事していた。仕事中に地震が発生したため、全員、作業着とゴム靴姿のままで帰国した。

 李さんは惨事を振り返り、「地震発生時、工場で作業していたが、大きな揺れがなかなか収まらずにパニックに陥った。30分ほどして、誰かの『津波が来るぞ!逃げろ!』と叫ぶ声が聞こえ、そこにいた全員が持っているものを全て投げ捨てて狂ったように走り出した。津波の早期警報は聞こえていたが、こんなに早く来るとは思わなかった。とにかく高い所に逃げようと必死で走った。津波は私たちのうしろ6、7メートルに迫っていた。足元に近付いた海水のしぶきが作業ズボンに掛かった時は、両脚の力が抜けた。同僚の男性2人が助けてくれたので、何とか避難することができた」と語った。

 浦東国際空港出入国検査所の人民警察は、航空会社と速やかに連絡を取って旅客関連情報を事前に掌握する一方、警察チームを緊急配備して臨時通路を開設し、きめ細かい業務と行き届いたサービスで出入国検査業務に臨み、帰国客に対する入国手続を滞りなく進め、心理面でのケアにも前向きに取り込んだ。有効な措置と優れたチームワーク作業によって、通関業務に要する時間は大幅に短縮された。旅客の張さんは、「日本の地震は大変恐ろしく、我々は全員、一刻も早い帰国を望んでいた。出入国検査を担当した人民警察の親切で完璧な業務態度から、大家族の温かみが感じられ、大変有り難く思っている」と感激しながら話した。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年3月22日

【特集】東日本大震災

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古