2011年3月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:11 Mar 25 2011

上海の失業者4割「スネかじり」 広州の若者3割「月光族」

 上海市総工会が年初に発表した「上海労働者労働就業状況分析およびトレンド研究」報告書によると、現在上海の失業者のうち、35歳以下の若者が38.5%を占め、これらの就職「黄金世代」の若者は仕事がないため、経済的に両親に頼らざるを得ず、「スネかじり族」となっていることが分かった。

 今回の調査によると、上海の35歳以下の若者の失業率は45歳以上の熟年層の失業率に次ぎ、しかも拡大傾向にある。彼ら・彼女たちは短大卒以上の学歴がほとんどで、失業者総数の26.1%に上る。

 報告書は、若者のスネかじり現象が現れた主な理由として、▽一部の若者の知識、職能、実践力が雇用側のニーズとマッチしていない▽若者の職業・収入に対する期待が高すぎ、中途半端な職に就くより在宅での失業を望んでいる▽企業が効率の向上とコストの削減を考えているため、キャリアのある社会人を採用する傾向がある---この3点を挙げている。

 広州穂港澳(広州・香港・マカオ)青少年研究所などの機関の調査によると、広州の若者の35%はすでに「月光族(月給を当月に使い果たす若者)」に、7%は「スネかじり族」となっている。

 今回の調査では1500通のサンプルが集まった。広州の若者の現在の平均月収は3163.45元、大多数の若者の収入水準は1千-4千元の間だった。また広州の若者の1カ月平均の消費額は1917.39元、ほとんどの若者は毎月ある程度の金額を残しているが、一部の若者は依然、両親の収入を頼りに生活を維持している。(編集HT)

 「人民網日本語版」2011年3月25日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古