2011年3月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:28 Mar 31 2011

原発事故の後始末には30年間、120億ドル必要

 米ブルームバーグの3月29日夜の報道によると、技術者と専門家の予測では、日本が機能の麻痺した福島第1原子力発電所の被害を修復し、元通りにするまでには30年間、120億ドルが必要である。

 日本の菅直人首相は先日、福島第1原発の6基の原子炉のうち、4基は地震と津波の影響で、既に使用ができなくなっている。東北地方にあるこの原発は完全に閉鎖される可能性もある。

 日本エネルギー経済研究所の原子力専門家である村上知子氏は、損害を受けた原子炉は冷却後、放射性物質を除去して保存した後、取り壊す必要があると述べた。京都大学原子力事業専門家である宇根崎博信教授は、「米ペンシルバニア州スリーマイル島の原発事故の処理には12年かかった。福島の場合はもっとかかるだろう」と指摘。スリーマイル島の原発事故の処理にかかった費用は9億7300万米ドルだったという。

 村上氏は「日本が単独で商業用の原子炉を処理する時間から計算すると、福島原発の後始末には30年ほどかかる」という。また、「東京電力が4基の原子炉を取り壊すのに必要な費用は1兆円(約120億ドル)ほどだ。この数字は間違いない」と指摘。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2011年3月30日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古