2011年4月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:27 Apr 18 2011

香港発日本向けツアー再開 震災後

 マグニチュード(M)9.0を記録した東日本大震災の発生から1カ月余りが経った16日、香港発の日本向けツアーが催行された。ツアー客は3グループの計70数人で、沖縄と北海道に向かった。

 これら3ツアーは、香港から日本へのツアーを専門に取り扱う香港の旅行社2社が主催した。日本政府観光局(JNTO)香港事務所の田口一成所長が香港国際空港でツアー客に記念品を贈呈し、香港からの震災支援について感謝の意を示した。

 主催旅行社のひとつである香港縦横旅行社の袁・業務担当マネージャーは、「多くの香港市民から、日本向けツアーの再開時期に関する問い合わせを受け、日本の多くの場所は安全であることから、今回のツアー再開に踏み切った」と話した。

 また、香港特別行政区政府(香港特区政府)が今もなお、日本の大部分の地域に渡航警告を出していることについて、袁マネージャーは「日本政府が安全を保障していることを確認した上でツアーを再開した。保険約款にもとづき、出発の4日前以降に旅行目的地でM5.0以上の地震が発生し、ツアー日程に影響が及ぶと予想される場合は、ツアー代金を全額返金する。また、ツアーコンダクターは毎日、ツアー客に対し、日本国内の地震情報を提供することになっている」と説明した。

 あるツアー客は、「家族4人での日本への旅行をかなり前から計画していた。計画をあきらめたくはないし、北海道は福島とはかなり離れているため、それほど心配する必要はないと思った」と話した。また、別のツアー客は、日本への観光旅行をすることで、気持ちの上で日本を支援したいとの希望を語った。

 香港観光業関係者は「間もなくやって来るイースター休暇中、日本向けツアーは例年の半分ほどに減り、30から40グループとなる見通しだ。今のところ、数百人が申し込んでいるが、イースター休暇の売上は前年同期比3~4割落ち込むことは避けられない」と予想している。(編集KM)

「人民網日本語版」2011年4月18日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古