2011年4月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:25 Apr 21 2011

北京発日本行き航空便、正常運航に

18日午後、仙台空港に到着しロビーに向かう乗客。

 東日本大震災の影響を受け、欠航状態だった北京発、日本行きの航空便は現在、地震発生前の便数まで回復しており、乗客数も震災直後の数十人から通常量に戻りつつあることが19日、北京の入管当局の話で分かった。中国の通信社、中国新聞社が伝えた。

 東北地方の太平洋沖では地震から1カ月が経った今も余震が続き、日本経済は大地震とそれに伴う大津波の影響で急激に落ち込んでいる。しかし、各方面の被災状況は次第に安定に向かっており、日本の国民の生活も元に戻りつつある。震災のため中国に一時帰国していた一部の在日華僑も続々と日本に戻り、震災後の新たな生活に向け準備を始めているという。(編集YT)

 「人民網日本語版」2011年4月21日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古