2011年4月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:06 Apr 21 2011

香港ボランティアチーム 被災地でメンタルケア

 東日本大震災からすでに1カ月が経ち、被災後の復興への道のみならず、心を取り戻す道を進むことが求められている。香港から「実戦経験」豊かな被災後メンタルケアボランティアチームの初陣24人が、被災の最も深刻な地域に入り、わずか数日間で、心に傷を負った被災者230人以上の治療にあたり、被災地に希望をもたらした。ウェブサイト「中国新聞網」が19日付で伝えた。

 ボランティアチームのリーダーで香港「被災後メンタルケア協会」の杜永政・総幹事は、米ホワイトハウスに危機予防専門家として認定されている。杜総幹事は記者に対し、日本経済・社会の被災後の復興と組織力は極めて強力で、日本人の心理的な受容力も高いが、日本の被災後のメンタルケアは依然足りないと語った。

 ▽段ボールに囲まれ暮らす被災者 ボランティアを抱いて泣く

 「被災者が暮らす避難所の建物は非常に頑丈で、食料も水も山のように積まれているが、傷ついた人々が小さくひとつずつ段ボールで仕切られた仮の『部屋』の中にいる。これでは『ホームレス』と一緒だ!」。香港に戻ったばかりの杜総幹事の語調は平穏ではなかった。

 ボランティアチームはメンタルケア専門家、通訳、およびその他の熱心な人たちで組織され、今月14日から18日まで、甚大な被害を受けた岩手県花巻市に赴いた。チームはこれまでにも四川大地震、スマトラ島沖地震、マニラバスジャック事件など、多くの大災害に参加している。

 ボランティアチームの趙威廉・顧問は初めて日本に着いた時の状況を振り返る。「現地のメンタルケアスタッフは初めて私たちと会った時、私たちをつかんで声を上げて泣いたんです。これが本当に心の内をなかなか表に出さないあの日本人なのかと、驚きましたね」。

 杜総幹事によると、1人が亡くなると、周りの7人の情緒に影響があるという。しかし日本は先進国であり、経済条件も良いため、被災者の心理的ショックはさらに大きい。


[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古