2011年4月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:27 Apr 22 2011

在日中国企業団体、被災者に中華料理炊き出し

 日本政府の初期統計データによると、3月11日の東日本大震災で避難生活を送る被災者は13万人以上に上っている。一部の人はすでに周辺各県に落ち着いたが、まだ被害が深刻な地域の避難所に留まっている人もおり、その中には在日華僑も含まれる。こうした中、在日中国企業がこのほど、「暖衣飽食(衣服と食物が保障され、不自由の無い生活を送ること)」チャリティ活動を企画し、被災者に中華料理を振る舞った。日本新華僑報網が報じた。

 現地メディア報道によると、在日中国企業約300社で構成された公益団体「日本中華総商会」が20日、宮城県気仙沼市本吉町の峰仙寺で中華料理の炊き出しを行い、同寺院で避難生活を送る被災者約2千人に美味しいご馳走を振舞った。

 今回の炊き出しの発起人は、仙台市泉区で貿易会社を営む、日本中華総商会会員の楊尊東氏(49)。楊氏自身も、会社の備品の多くが破損する被害を受けたが、被災者のことを心から思いやり、「避難所で暮らす人々に温かい中華料理を食べてもらおう」と商会に提案した。

 東京や仙台の中華料理店で働く調理人約30人が炊き出しに参加した。彼らは、チャーハンやザーサイスープなどを作り、本吉町の避難所14カ所の被災者に計2千セットを熱いうちに届けた。

 本吉町の松尾コミュニティセンターに避難している佐藤さん(74)は、「ここはまだかなり寒い。温かい湯気の立つチャーハンとスープを食べることができて、最高に幸せ。味も本格的でとても美味しい」と満面の笑みを浮かべて話した。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年4月22日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古