2011年4月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:58 Apr 22 2011

「福島の英雄」の半分以上が体調不良に

電線を修理する福島第一原発の作業員(3月18日)

 医師「うつ病と過労死のリスクが増加」 

 福島第一原発の作業員に定期的に医療診察を行う日本人医師は20日、「福島第一原発の作業員は大きなストレスを抱え、うつ病と過労死のリスクに直面している」と述べた。 

 愛媛大学大学院医学系研究科の谷川武教授は1991年から、福島第一原発と福島第二原発で非常勤産業医を務めている。

 缶詰を食べ、寝袋で寝る

 谷川教授は日本の共同通信社の取材に対し、次のように語っている。16日から19日にかけ、福島第一原発の近くで90人の東京電力の作業員の健康診断を行う。作業員たちは、作業を終えると10キロ離れた所にある体育館に行って休み、寝袋で寝る。食事もあまりよくなく、缶詰が中心だ。幸い、現在は1日3回食事できるが、以前は1日1回の食事だけだった。作業員たちは4日作業し、2日休むが、作業する4日間は風呂に入ることができない。

 家族の安全もわからず、精神的ストレスが大きい 

 「一部の作業員は非常に大きな精神的ストレスを感じている。1週間も家族の安全を確認できないこともある。多くの作業員は眠れず、この状態が続けば、うつ病と過労死のリスクが増加する」と谷川教授は話す。 

 健康診断を受けた90人の作業員のうち、約50人に高血圧や風邪などの病状が見られた。谷川教授は、東京電力に高熱が続いている作業員を交代させるよう求めた。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2011年4月22日

作業を終え、10キロ離れた所にある体育館で休憩する作業員たち。彼らの食事は缶詰が中心だ。
関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古