2011年5月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:31 May 06 2011

日本の有名書道家、篆刻石柱碑を中国に寄贈

 日本の有名な書道・篆刻家の師村妙石氏による篆刻作品石柱碑の寄贈式が3日、北京の中国国際青年交流センターで開催された。全国青年連合会のトウ亜軍・副秘書長、駐中国日本大使館の横井公使らが石柱碑の除幕を行った。人民日報海外版が伝えた。

 師村氏が寄贈した篆刻石柱碑は、上海世界博覧会で展示された逸品で、重さ17トン、高さ3.12メートル、直径1.64メートルの円柱体。石碑の正面と背面には、革新的な篆刻技法で「中日人民の永遠なる友好」「心の和、技の和、通じ合う心と心」などの言葉が掘られ、両国文化が同じルーツを共有していることや両国人民が永遠に友好であれという願いが表されていた。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年5月6日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古