2011年5月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:21 May 09 2011

蒼井そらに対する中国ファンの熱狂ぶりを考える (2)

 中国のネットユーザの蒼井そらに対する情熱は「狂気じみている」と形容できるだろう。しかし、その支持と人気は、一般的な著名人のイメージとは全くかけ離れている。ネットユーザーたちは、「中国一の慈善事業家」陳光標氏の献金行為をしつこく絡んでいるが、蒼井そらにはいつくばうイメージを作り上げている。蒼井そらを支持する人が増えれば増えるほど、陰で「反道徳」的な行為を行う者が増える。その「裏の道徳」の存在はだれの目にも明らかである。

 日本で女優になったとしても社会から認可を得られるわけではない。人気のあるAV女優は実際、社会からの大きな圧力に耐えて暮らしている。日本は「保守的」であり「開放的」なのだ。このように乖離した道徳感が中国でも現れてきている。多くの隠遁者は道徳という名の鞭で他人を批判するが、当人は道徳から外れているのである。(文=蒋豊)

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年5月9日

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古