2011年5月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:26 May 09 2011

ガンを患った妊婦、お腹の子のために化学療法を放棄 中国

携帯電話による録音で、毎日数回、息子の泣き声を聞く韓さん

 中国河北省ケイ台市出身の韓蕊さんは今年元旦、体調不良のため北京の病院で検査を受けたところ、悪性腫瘍が見つかった。この時、韓さんは妊娠5カ月を過ぎていた。彼女は、子供を卸して直ちにガン治療に取りかかるか、治療をしばらく見合わせ、出産に臨むか、どちらか一つの選択に迫られた。ただし、出産の道を選んでも、母子ともに命の保証は無かった。韓さんは、「私は子供を産みたい。母親になりたい。これからの一生で二度とない機会かもしれないから」と出産を決意。お腹の赤ちゃんの命を守るため、彼女は化学療法を放棄、少量の痛み止めだけで症状を和らげた。2月28日、帝王切開で出産し、本格的な治療に取りかかった。この時、悪性腫瘍は見つかった時より3倍から4倍も大きくなっており、患部の太もも周りは、60数センチから90センチ以上に膨れ上がっていた。新京報が報じた。

 韓さんはまだ、自分の赤ちゃんを胸に抱くことができない。入院している病室のベッドで、ビデオや録音で赤ちゃんの様子を知るだけしかできない。しかし、赤ちゃんは彼女にとって大きな「希望」となり、「母」になったことで、病苦と闘うエネルギーが湧いている。

 韓さんは ガンにかかり、多くの苦しみに直面したが、28歳の彼女は、奇跡を起した。このごく普通の女性は、治療よりも出産を優先させることで、人間の命の偉大さを身をもって人々に示した。彼女は自分の命を引き替えに、子供を産もうとした。この決定は、連綿と続く命の超越性を我々に示している。命は一代限りで終わるのではなく、子孫によって受け継がれていくものなのだ。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年5月9日

ビデオで息子の様子を見ることが、韓さんにとって最大の楽しみ
関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古