2011年5月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:01 May 16 2011

大型メガフロート、福島へ 放射能汚染水を貯蔵

 東京電力は15日、横浜港ドックで漏水・腐食対策のメンテナンスを終えた大型メガフロート(大型浮体式構造物)が同日午前中、牽引船に引かれて出港、福島第一原子力発電所に向かった。このメガフロートは、原発内で放射能汚染水を貯蔵するために用いられる。

 この大型メガフロートはスチール製、長さ約136メートル、幅約46メートル、高さ約3メートル、内部は大型プールで、静岡市清水港の海釣り公園で使われていた。内部のプールには約1万トンの水を貯蔵可能で、東京電力が福島第一原発内の低濃度放射能汚染水を貯蔵するために譲り受けた。

 メガフロートは4月初旬以降、横浜港のドックで、 これを建造した三菱重工によって漏水防止や錆による腐食防止のための処理を受け、大型クレーンとパイプも装備された。福島県小名浜港でしばらく停泊し、安全上の問題がないかどうか確認後、今月下旬には福島第一原発に到着する予定。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年5月16日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古