2011年5月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:19 May 17 2011

中国若手企業家の80%、子弟の海外留学を計画

 英調査機関・フーゲワーフ(胡潤)研究院が発表した「中国長者番付(40歳以下)」にランクインした中国企業家の80%が、自分の子どもを海外に留学させることを考えている。新京報が伝えた。

 胡潤研究院は14日、初めて「2011年少壮派長者番付」を発表した。これは、中国の若き創業家や「新二代目」に関する状況を分析、40歳以下の「少壮派」富豪56人のランク付けを行ったものだ。「新二代目」とは、親からの財産を譲り受けた後、さらに富を増やした二代目の富豪のこと。ランキングトップは、テンセントCEOの馬化騰氏(39歳)、新二代目のトップは楊恵妍女史(30歳)だった。

 ▽IT・娯楽産業に多い少壮派富豪

 今回発表された長者番付の最低条件は資産10億元で、ランクインした56人のうち11人の資産が10億ドルを上回った。56人中、一代で財産を築いた人が44人、親からの財産を受け継いだのは12人。企業の碧桂園を父親から譲り受け、現在同社の最大株主となっている楊恵妍女史の資産は、新二代目最多の240億元。新二代目の2位は三安集団董事兼副総経理の林志強氏(37歳)、3位は海シン鉄鋼集団董事長の李兆会氏(30歳)。

 IT・娯楽産業は、少壮派富豪を最も多く出している業界で、15 人がランクインした。不動産業がこれに続き13人。3位は製造業(10人)。

 ▽少壮派富豪の80%、「子供を海外留学に」

 中国の新二代目はあまねく大学学部以上、約2割は大学院以上の学歴を持っている。

 ランクインした企業家の5人に4人は、自分の子供を海外に留学させる計画を持っている。新二代目の半数以上は、主に欧米への海外留学の経験がある。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年5月17日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古