2011年5月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:57 May 20 2011

中国人女性が韓国旅行で「整形別人」に 入国に長時間

 中国籍女性1人が韓国ツアーに赴いた際、現地ガイドや美容整形医師の甘い言葉に乗せられて、大金を出して顔の整形手術を受けた結果、整形後の顔と身分証明書の写真があまりに違っていたため、帰国時に入国審査で足止めされ、手間取るはめになった。

 17日午前9時ごろ、韓国からの旅客機が上海浦東国際空港に着陸した。入国審査ロビーで、民間警察が、帽子をかぶり、サングラスを掛け、鼻とあごにガーゼを付けた女性を不審に思い、帽子、サングラスなどを外すよう求めたところ、女性は非常に恥ずかしがった。尋問の結果、女性は4日前に韓国ツアーに参加し、現地で美容整形が盛んであることを聞いて、整形外科に見学に行ったことが分かった。

 女性が参加したのは単なる見学ツアーだったが、ガイドや医師の甘い言葉に乗せられて、短期間の現地滞在中に顔の多くの部分の手術を受け、ツアーに再び合流・帰国した。整形後の顔は腫れ上がり、パスポートの写真とあまりに異なっていたため、民間警察の身分照合に困難をきたした。事実確認の結果、本人であることが判明し、入国管理民間警察はすみやかに入国手続きを行った。

 今回の件で入国管理当局は、美を追究する国民に対し、海外で美容整形を受ける場合は、帰国審査に備えて、身分証明書および現地医療機関が発行した手術証明を必ず携帯するよう呼びかけた。(編集HT)

 「人民網日本語版」2011年5月20日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古