2011年5月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:29 May 20 2011

震災で日本留学先に変化 東京から西日本へ (2)

 ▽留学生のアルバイトがより容易に

 大規模な災害復興が進められる中、労働者不足が日増しに顕在化している。横浜中華街発展会の林兼・理事長によると、同街への客はすでに震災前の8割に戻ったが、各店舗はいずれも人手不足に陥っている。大手飲食チェーン・吉野屋では200人の人手が足りず、ピーク時には近隣の店舗から応援を頼むこともある。人手を補うため、アルバイトの応募条件に「日本語能力不問」を掲げる企業も少なくないという。

 これまで、日本に留学する中国人留学生からは、アルバイトが見つからないという不満がよく聞かれていた。とりわけ初来日した日本語能力が未熟な留学生にとっては、なおさらだった。アルバイトと学業を両立する留学生にとって、現在の労働者不足は絶好の機会となろう。(編集HT)

「人民網日本語版」2011年5月20日

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古