2011年5月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:57 May 24 2011

干ばつ続く長江中・下流地域、人工降雨実施

 中国気象局は23日、長江中・下流の干ばつ地域では今後1週間、晴れて暑い日が続き、水不足は依然として解消されない見通しだと明かした。気象部門は、好機を捉え、天気の人工コントロールを実施する方針という。人民日報海外版が伝えた。

 気候監測によると、今年1月1日から5月23日までの間、長江中・下流の殆どの地域では、降水量が例年より3割から8割程度少なく、安徽、江蘇、湖北、湖南、江西、浙江、上海の平均降水量は、同時期としては1954年以来の低水準を記録した。

 中国国内の各級気象部門は、降雨量を増やし、長江中、下流地域の干ばつ状況を緩和する目的で、条件的に有利な天気の到来を捉え、空中と地上からの大掛かりな人工降雨作業を実施した。統計データによると、21日午前8時から23日午前8時までの間に、湖北、湖南、江西、安徽、江蘇、浙江各地で計334回の人工降雨作業を行った。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年5月24日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古