2011年6月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:40 Jun 13 2011

ブレークした中国女子プロテニスの李娜選手

 今回の全仏オープン・プロ女子テニス大会で中国の李娜選手(29)がイタリア選手を破り、アジア人として初めてこの大会で一位を獲得した。この試合は衛星テレビを通じて全中国に中継放送され、全国のテニスファンをはじめ大勢の人たちを興奮させた。

 これまでプロ女子テニス種目はほとんど欧米選手の天下に等しい状態にあったが、その後、日本の伊達選手らが現れ、アジア人の存在を示すことになったが、中国では中国女子選手がトップに入ることは想像さえされていなかった。李娜選手自身が一位獲得後、マスコミの取材に対して語ったようにまさに「夢が現実となった」のである。

 李娜選手は中国湖北省の出身で、湖北省はスポーツ事業に力を入れている省であるが、ここ数年、数多くの女子テニス選手を輩出している。とにかく、省内の小さな京山県だけでも70面のテニス・コートがあるくらい、テニスが盛んな省なので、李娜さんはまさに、天の時、地の利、人の和の好条件に恵まれる中で育ってきた逸材であると言えよう。李娜さんの今日があるのは、少年スポーツ学校の無名のコーチの指導のおかげであろう。また、プロ化の道を進ませることを決断した中国スポーツ界の人たちの英断とも切り離せない。中国のスポーツ界はさらなる改革を考えているらしい。

 一部スポーツ評論家によると、このフィーバーの中で、より多くの子供たちがテニスのラケットを手にするようになるかもしれない、ということだが、中国のスポーツ界もオリンピックやアジア大会の金メダル総数でトップに立つ時代に入っており、今まだ弱いサッカーなどを含めて、どんどん強化していくためには関係者の層の努力が必要となろう。

 李娜選手の壮挙は大きな起爆剤になるに違いない。また、余談になるが、李娜選手が、数多くの外国の取材陣に堂々として、しかもユーモラスに英語で応対している姿を目にして、中国の新しい世代の成長ぶりを実感した。中国の国際影響力の強化をもそこに感じたのである。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年6月13日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古