2011年6月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:28 Jun 17 2011

中日アニメウィーク 温総理が「チベット犬物語」を視察

「チベット犬物語」のポスター

 無錫のアニメ産業は年間1万9千分、全国2位の「量」のアニメ原画を制作しているのみならず、国際大会で金賞・銀賞を受賞した「質」も有する。「量」と「質」を兼ね備えた無錫のアニメ作品が、このほど北京で開催された中日共催映画テレビウィークでファンを魅了。国務院の温家宝・総理は8日、同ウィークで中日合作アニメ作品「チベット犬物語(原題「蔵ゴウ多吉」)を視察し、深く関心を寄せた。

 温総理はウィーク開幕式に出席後、「チベット犬物語」展示コーナーを訪れ、自ら作品制作の具体的状況を尋ねた。「チベット犬物語」の制作、宣伝、初回興行など創意に満ちた手法を高く評価、「チベット犬物語」の制作を通じ、中日両国の映画・テレビ作品制作の協力と交流が強化されるよう望むと述べた。主催者は温総理に「チベット犬物語」主役の赤いチベット犬「多吉」の精密なフィギュアを贈った。

 「チベット犬物語」は楊志軍・氏のベストセラー小説「チベット犬」をもとに、中国電影(映画)集団公司と日本のMADHOUSE、無錫慈文紫光が共同制作、ウェブサイト「蔵ゴウ網」で宣伝された。

 制作途中の2009年に、「チベット犬物語」は早くも仏アヌシー国際アニメーション映画祭の「今後最も注目される作品」にノミネートされた。今年に入りすでに完成した「チベット犬物語」は68の国と地域の計1986作品から、同映画祭の長編部門の候補となり、最終的に「水晶賞」としてノミネートされた。

 「チベット犬物語」は初めての中日共同制作アニメ作品で、今月28日に初公開される。中国の物語・文化と日本のアニメ技術が完全に融け合い、4年の月日を経て完成した。(編集HT)

 *ゴウ:「敖」の下に「犬」

 「人民網日本語版」2011年6月17日

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古