2011年6月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:21 Jun 24 2011

沖縄、訪日観光旅行の新スポットに

 日本を訪れる中国人観光客を対象としたマルチビザの発給が7月1日からスタートする。新規定で最初の訪問地が沖縄地区に限定されていることから、北京の各大手旅行会社は沖縄が日本への観光ツアーの新スポットとなると予想している。北京の日刊紙・京華時報が伝えた。

 新規定の主要ポイントは▽条件を満たすビザ申請者は、有効期限3年間のマルチビザ(有効期間内であれば何度でも出入国が可能な査証)を申請することができる▽1回の訪問につき最長90日まで滞在可能▽1回目の訪問地は沖縄地区に限られる--の3点。この新規定を受け、北京の大手旅行会社が続々と沖縄パックツアーを打ち出している。独旅行大手caissa touristicの北京現地法人の張副総裁は「沖縄と北京を結ぶ定期直行便が7月28日から週2往復就航する予定で、北京から3時間半で沖縄に到着できるようになる。各種沖縄ツアーは、ツアー価格以上の価値があり、個人旅行・団体旅行とも4千元前後から揃っている」と述べた。

 業界専門家は、新規定の施行により、日本を訪れる中国人個人観光客の客層が拡大するとの見方を示している。また、東日本大震災の被災地から遠く離れた沖縄は、地震の被害を全く受けていないため、沖縄を含めた日本への個人観光市場は、今後大きく伸びる可能性が高いと見られる。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年6月24日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古