2011年6月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:35 Jun 27 2011

杭州西湖、世界文化遺産に登録

 中国国家文物(文化財)局によると、20日からフランス・パリで開催中のユネスコ第35回世界遺産委員会会議で現地時間24日、中国が申請していた杭州西湖文化景観が「世界文化遺産リスト」に登録されることが決定したという。これにより、中国にある世界遺産の総数は41カ所となり、世界で3番目に多い国となった。
 
 世界遺産委員会は、杭州西湖文化景観は、文化景観の見事なお手本であり、中国の景観美学思想が如実に現れており、中国さらには世界の庭園設計に対する影響は極めて大きいと評価した。また、世界遺産登録条件の第2、3、6条に合致し、世界遺産の真実性・完全性という要求を満たしているとした。

 国家文物局の担当者は「杭州西湖文化景観が世界遺産リストに登録されたことは、世界遺産関連事業と中国の文化遺産保護業務の発展に対して重要な意義を持つ」と話した。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年6月27日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古