2011年6月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:36 Jun 27 2011

日本の中国語人材ニーズ高まる 派遣が新雇用ルートに

 「人材派遣」という雇用形態は、日本の社会ですでに広く認知され定着している。人材募集の効果を確かなものとし、的確な人材選びを行い、雇用効率を高めようと、こうした柔軟な雇用形態を選ぶ企業がますます増えている。日本では人材派遣業の健全な発展を支える政策・法制度がすでに確立している。日本の国際化プロセスが加速するにつれ、人材派遣の業務構造と雇用分野にも大きな変化が生じている。この数年は中国語に長けた人材がますます重宝され、日本の各人材派遣会社も、中国語人材の派遣業務にいっそう力を入れ始めた。日本の中国語新聞「中文導報」が伝えた。

 ▽ますます高まる中国語人材ニーズ

 中国語人材は、派遣大手各社から引く手あまたの状態だが、その圧倒的多数は「中国語のできる日本人」だった。しかし、この状況に変化が起こり始めている。

 伊藤忠グループの派遣会社、株式会社キャプラン(CAPLAN)派遣事業本部第2事業部の井上正介事業部長によると、中国経済の急成長に伴い、日本を訪れる中国人観光客が次第に増加し、日本のサービス業での中国語人材ニーズはどんどん高まっているという。例えば、今年の「春節(中国の旧正月)」中、日本各地の商業施設は続々と中国語人材を募集し、中国語によるサービスカウンターを開設した。このような状況は、数年前には全く想像できなかったことだ。

 井上部長は「今年の旧正月中、弊社は大型ショッピングセンターから依頼を受け、高い日本語能力を備えた在日中国人を、ショッピングガイドや接客スタッフとして派遣した。彼らは、日中両国文化を理解しているという強みを十分に活かして、日本を訪れた中国人観光客に行き届いたサービスを行った。派遣先企業も、彼らの優秀な仕事ぶりを非常に高く評価した。弊社はこれを機に、日中両国文化を理解し、高い日本語能力を備えた在日中国人に注目し始めた。現在、多くの企業が中国語人材を必要としているが、『高い日本語能力を備えた中国人』を派遣している会社はあまりない。弊社は、同業者の中でも、ハイレベル人材を派遣するパイオニアとなることを目指している。某有名ショッピングセンターの依頼で、中国語のショッピングガイドを派遣し、好評を得た。このようなニーズはますます高まると予想される」と語った。

 株式会社キャプランは、伊藤忠・JALグループの派遣大手のひとつ。1982年創業、従業員は現在1千人を超えた。同社は優秀な在日中国人人材の募集と派遣を今後の主要業務のひとつに据えている。

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古