2011年8月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:39 Aug 03 2011

被災地の児童100人、夏休みに「心のケア」で海南島へ

 東日本大震災で被災した児童100人が8月1日から7日までの1週間、「中国のハワイ」と呼ばれる海南島を訪れる。「サンライト海南・愛を伝える」と題した同イベントで、児童100人は現地児童らとの各種交流イベントに参加するほか、海口市(かいこうし)、三亜市(さんあし)、瓊海市(けいかいし)、保亭市(ほていし)など海南島の観光地を巡り、独特の自然景色や風土、人情に触れる。中国紙「海南日報」が報じた。
 
 同イベントは温家宝総理の指示と思いを反映させたもので、東日本大震災以降落ち込んでいる日中観光交流の回復と拡大を目的に、海南省政府と中国国家旅游局が共同で開催する重要なイベント。 (編集KN)

 「人民網日本語版」2011年7月8日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古