2011年7月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:52 Jul 14 2011

海外帰国者に「グリーンカード」 各優遇措置を適用 江蘇省

 江蘇省は13日、「江蘇省海外ハイレベル人材居住証制度暫定弁法」を発表、居住証を取得した海外帰国者に対して社会保険など14項目の優遇措置が適用されることになった。光明日報が伝えた。

 優遇措置14項目の主な内容は▽企業・事業機関の幹部および重大プロジェクト責任者への就任や政府奨励金の申請など市民待遇を与える▽就業許可証の申請を免除し、営業許可証や出入国許可証、居留証などの申請手続きを簡易化する▽事業機関に勤務する場合は、各種保障が提供され、住宅または住宅手当が提供される▽本人の子女に対し、大学入試で優遇措置が適用される--など。

 暫定弁法では、居住証の発給は、省内の機関で働く人、省内で創業する人、条件を満たす外部戸籍所持者で海外の大学で博士号を取得した人を対象とし、居住証有効期限は5年間で延長が可能と定められている。

 江蘇はここ数年、海外ハイレベル人材の誘致を重視し、そのための一連の政策措置を発表した。現時点で約5万人の海外人材が省内で働いている。今回発表された居住証制度は、身分証明書の発行と優遇措置が有機的に結びついたものであり、これによって、海外帰国人材が省内で働き、生活する際の市民待遇に関する問題が一挙に解決される見通し、また、彼らが革新創業を行う際には、数々の優遇策や多くの便宜が提供される。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年7月14日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古