2011年7月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:26 Jul 15 2011

チベットのラサ、初の汚水処理工場が完成

 チベット自治区の首都・ラサ市は14日、初の汚水工場が竣工し、テスト運営が始まった。

 ラサ市住宅都市部建設局のゲサンピンツォ局長は「ラサ汚水処理工場は経済開発区にあり、2本の河が合流するところに建設されている。中央政府が建設費全額の1.22億元を投じており、1日5万トンの汚水が処理できる」と述べた。

 ゲサンピンツォ局長は「ラサは標高が高く、気圧が低く、酸素が薄い。このような特殊な地理環境で汚水処理場を建設することは、国内外でも初のことである。建設する前の論証と計画には5年もかかり、建設は2010年4年に着工した」と紹介した。

 2期目工事もまもなく着工するという。2020年にはラサ汚水処理工場の1日の処理量は18万トンに登り、市内の汚水がすべて処理できるようになる。

 「中国国際放送局 日本語版」より 2011年7月15日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古