2011年7月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:44 Jul 15 2011

中国人技能実習生の女性、妊娠を理由に日本企業から解雇される 

 富山市の食品加工会社に勤めていた中国人技能実習生の女性(20)が妊娠を理由に解雇を通告され、帰国を強要されたとして、福井市の市民団体「外国人研修生権利ネットワーク福井」が13日、富山労働基準監督署に対し、解雇手続きの無効を申し入れた。日本新華僑報のウェブサイトが伝えた。

 この女性は6月24日、妊娠を理由に解雇され、中国への帰国を言い渡された。解雇を通告したのは、女性の勤務を管理していた食品循環協同組合富山営業所の職員で、その日のうちに会社から富山空港に連れ出されたが、女性は空港で抵抗し、帰国しなかった。翌日の25日、この女性は様々なプレッシャーとストレスから流産してしまったという。

 市民団体は13日、解雇手続の無効を求め、富山労働基準監督署に申し入れを行った。

 食品循環協同組合富山営業所は女性を解雇したことについて、中国側の派遣機関と本人との契約に基づき手続きをしただけだとしている。 また、帰国の強要については、「本人の意思を確認していて強要はしていない」と話しているという。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年7月15日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古