2011年7月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:01 Jul 18 2011

「第3回中国知識検定-中国文化の旅」京都で開催

 「第3回中国知識検定-中国文化の旅」が17日、立命館大学衣笠キャンパスの創思館カンファレンスルーム(=京都市北区)で開催され、一次予選を通過した西日本地区の中高生20人と18歳以上の大人18人が参加した。中国国営の新華社通信(電子版)が報じた。

 中国駐大阪総領事館と中国国家観光局大阪駐在事務所の共催で開催された同検定は、日本の子どもや大人が中国文化、中国事情への理解を深め、中国語学習を普及し、中日両国の相互理解と友好関係を促進することを目的としている。

 同検定は「学生の部」と「大人の部」に分かれて行われた。「学生の部」では大阪、兵庫、福井などの府県から参加した中高生が熱い戦いを繰り広げ、最終的に兵庫県立芦屋国際中学3年生の白坂黎霞さんら6人が大賞を獲得した。「大人の部」には公務員や会社員に加え、一般の主婦らが参加。早押しクイズによって順位を競い、会社員の渡瀬吉子さんら6人が大賞を獲得した。大賞の賞品は「学生の部」、「大人の部」共に中国旅行で、優秀賞には中国往復航空券1枚、激励賞には図書券5000円分がそれぞれ2人に送られた。

 「学生の部」で大賞を獲得した白坂黎霞さんは終了後のインタビューで「中国語を勉強して3年になる。1週間に2回中国語教室に通い、さらに中国に関する本を読むことで中国に対する理解を深めた」と答えた。 (編集KN)  

 「人民網日本語版」2011年7月18日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古