2011年7月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:56 Jul 18 2011

放射能汚染牛 東京など各市場に出回る

 放射性物質を含む飼料を食べた牛が、福島県で新たに87頭見つかった。これらの牛は屠殺処理され、すでに市場に出回っているという。台湾「中広新聞網」が報じた。

 福島県によると、畜産農家5軒が飼育する肉牛87頭が、放射能に汚染された稲わらを食べたことが明らかになったという。これらの牛は、東京およびその他4県の屠畜場で処理され、牛肉は各地の市場に入り込んだ模様で、各地担当部門は流通経路の追跡を急いでいる。

 今年3月に発生した東日本大震災の影響で、東京電力福島第一原子力発電所で放射能漏れ事故が起こった。福島県の衛生部門関係者はこのほど、農民から収集した飼料が放射能物質に汚染されていることを発見、検出した放射性セシウムは基準値の378倍に達した。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年7月18日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古