2011年7月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:13 Jul 19 2011

60年続くバイリンガル教育 チベット昌都

人民網記者の取材に応じる西蔵族の老人・貢秋曲珍さん(左)。78歳になる貢秋曲珍さんは、かつて一八軍の西蔵語教師だった。また一八軍の西蔵語-中国語通訳も務めていた。

 1951年、西蔵(チベット)自治区で初めての小学校・昌都(チャムド)小学校が創立、西蔵現代教育がスタートした。それから60年の発展を経て、昌都小学校は現在、昌都地区実験小学校となり、2010年末の時点で計55学年分の卒業生を送り出した。この小学校では、西蔵語と中国語(漢語)のバイリンガル教育が行われている。昌都でのバイリンガル教育方式も、60年の歴史を持つに至った。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年7月19日

[1] [2] [3] [4]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古