2011年7月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:14 Jul 22 2011

蝉が鳴かない夏 日本のネットで話題騒然

 梅雨が過ぎると「蝉の大合唱」が始まる。日本の各地で例年みられるこの賑やかな風物が、今年は静かだ。最近、日本では「蝉が鳴かない夏」が大きな話題となっている。ネットユーザーの中には蝉が鳴かないのは大地震の前触れか、もしかしたら放射能の影響かもしれないと心配する声も上がっている。こうした声に対し、日本九州大学、昆虫学の准教授紙谷聡志氏は今年の夏、日本で蝉が鳴かないのは時期が遅すぎたためで、梅雨以前の気温が低かったことも関係しているという。

 日本には、およそ30種類の蝉が生息している。紙谷氏によればほとんどの蝉が梅雨の終わりから鳴き始めるという。日本には多くの都市公園が作られているため、公園の樹木が蝉にとってよい住処となっており、市街地でも蝉の大合唱を聞くことができる。

 今年、日本は早めに入梅を迎え、各地で6月下旬頃から気温が30℃を超える夏本番となった。蝉の声の風物はこの時期を逃してありえない。このような非日常の事象がネットで物議を巻き起こしたというわけだ。ネット上では「夏なのに蝉が鳴かないのは大地震の前触れでは?」とか、「蝉が静かなのは放射能の影響?」などという声が聞こえてくる。

 京都大学大学院動物生理学の沼田英治教授は、「阪神大震災の前年、1994年の夏も確かに蝉の声は静かでした。全く関係ないとはいいがたいが、昆虫が一年前に地震を感知できるとは、想像しにくい。」という見解だ。前述の紙谷氏も大震災と放射能は蝉の進化で非常に珍しいことだから、蝉が地震や放射能を感知できるとは思えないという。また、長い目で見れば、放射能も蝉のDNAに影響しないこともないが、こんなに早く蝉が消えてしまうことはないという。

 また、今年の夏は日本で蝉が鳴かないのではなく、鳴く時期が遅くなっているのかもしれない。今年、3月から5月、日本では気温がかなり低めだったので、土から出てくる時期が遅くなっているのではとも。

 紙谷氏によれば、蝉は地面から出てくるまで、土の中で5年から8年成長する。その年の春から梅雨までの気温の影響を大きく受ける。今年の3月から5月は、東京、大阪の平均気温は平年より最大で1.3℃低かった。「アブラゼミは一般的に7月上旬から鳴き始めます。今年は、3月、4月の気温が低かったので土から出てくるのが遅くなっています。暑くなって出てきたのでは間に合いません。」という。

 「今、蝉は鳴き始めました。福岡のクマゼミは今週末がピークです。」と紙谷氏はいう。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2011年7月22日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古