2011年7月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:15 Jul 25 2011

鉄道部が温州で記者会見 事故を謝罪

 甬温線(浙江省寧波市--温州市)で23日に発生した高速列車追突事故を受け、温州水心ホテルで24日午後10時45分、鉄道部による記者会見が行われた。

 鉄道部の王勇平報道官によると、この事故による死亡者は35人、けが人は192人に達した。132人が今なお温州市内の病院11カ所で治療を受けており、事故原因については更なる調査が行われているという。

 王報道官は、高速列車がなぜ追突したのか、なぜブレーキが間に合わなかったかについては回答することができなかったが、国務院がすでに事故調査チームを結成しており、具体的な原因については後日発表するとした。

 しかし、事故原因がまだ明らかになっていないにもかかわらず、鉄道部門はすでに上海鉄道局の責任者数名を免職している。王報道官はこれについて、「最終的な事故原因がどのようなものであれ、主管部門は全て責任を負う」とした。

 昨日午後、事故車両の中に生存者がいないことが確認され、車両の解体を行うと正式発表されたが、この発表の後すぐ、新華網が子供が1人救出されたことを伝えている。王報道官はこれについて「生命の奇跡としか言えない」と述べた。

 車体を埋め立て処理した原因について、王報道官は「これは鉄道部の決定ではない。私も温州に到達した後、報告を受けて初めて知った。報告者によると、埋め立て処理した原因は、救助現場のとなっている高架橋の下が泥沼で、複雑な環境であり、救助をより良く行うために埋め立てるしかなかったということだった。私もこの説明を信じている」と述べた。

 新華網の情報では、死亡者に外国人が2人含まれているということだったが、王報道官はこの情報を否定し、死亡者ではなくけが人の中に外国人が2人含まれており、1人は米国籍中国人、一人はロシア人だったことを明らかにした。また、賠償基準が国籍によって異なることはないと承諾した。

 王報道官はこれほど深刻な鉄道事故が発生しても「依然として中国の高速鉄道に対し自信を持っている」とし、「今回の事故は特殊な原因によるもので、中国の高速鉄道技術は先進的なものであり、合格している」との見方を示した。

 記者会見にはAFP通信、ロイター通信、アルジャジーラ、毎日新聞など国外メディアを含む国内外のメディア33社、記者110人あまりが集まった。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年7月25日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古