2011年7月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:34 Jul 25 2011

国家級医療専門家13人、高速列車事故現場へ

 中国衛生部によると、北京、上海、南京から選ばれた重症救命、神経外科、整骨科、一般外科、リハビリ科の国家級医療専門家13人が24日午後、温州に駆けつけ、23日に発生した高速列車追突事件の現場で緊急救命作業の指導・実施に当たっている。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 衛生部は今回の鉄道事故発生後、中央指導者層の重要指示を徹底的に実行に移した。事故当日の夜、負傷者に対する応急救命作業の配置を速やかに行い、関係責任者が事故現場に駆けつけ、救援作業を指揮した。衛生部、浙江省衛生庁、温州市衛生局は各種の医療救命チームを組織し、負傷者の手当てに全力を尽くし、負傷者全員が最善の応急処置を受けられるよう計らい、死者・後遺障害者を1人でも減らすために万策を講じた。

 事故発生後、温州市各級衛生部門は直ちに応急対策システムを発動、医療スタッフ100人以上と救急車48台を現場に向かわせ、負傷者の応急救命措置に当たらせた。市内各病院は、事故負傷者に対する緊急診療体制を敷き、市血液センターは速やかに応急処置用血液を確保した。現在、負傷者は温州医学院付属開一医院、同第二医院、温州市第二人民病院、同第三人民病院、温州市中国・西洋以外結合医院、漢方医院、康寧医院、鹿城人民医院、手足外科医院、一一八医院、東甌医院など10以上の医療機関で応急手当を受けている。

 浙江省衛生庁は、省級医療専門家や台州・麗水両市の医療専門家合わせて40数人を選び、各病院へ振り分け派遣した。彼らは、負傷者応急処置の指導、的確な応急救命方案の制定、重篤者の診察立ち合い、監督保護・救命力の強化など各作業にあたり、救命処置の成功率を高めるために全力を尽くしている。浙江省衛生庁は、浙江省および温州、台州、麗水各地の血液センターから血漿10万ミリリットを集めると同時に、ボランティアチームを組織して献血活動を行った。このため、応急処置用血液は十分に確保できているという。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年7月25日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古