2011年7月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:15 Jul 26 2011

「孫文と梅屋庄吉」展、東京で開幕

 辛亥革命100周年記念特別展「孫文と梅屋庄吉-100年前の中国と日本」が7月26日から9月4日まで、東京国立博物館で開催されている。人民日報が伝えた。

 今回の特別展には、孫中山と梅屋庄吉の間で交流があった時期の写真、遺品、資料が初めて展示された。その多くは、梅屋庄吉のひ孫にあたる小坂文乃さんが提供した。また、東京国立博物館や長崎大学附属図書館に秘蔵されていた歴史的に貴重な写真も展示され、展示品は合わせて約250点にのぼる。

 「知られざる辛亥革命の志士」との異名を取る梅屋庄吉は、若い頃に香港で写真館を開いた。1895年、孫中山の恩師であるジェームズ・カントリー医師が写真館の常連客であったことから、梅屋と孫中山は知り合った。

 2人が出会った時、孫中山は29歳、梅屋は27歳だった。初対面でたちまち意気投合し、まるで旧知の間柄のようになった。孫中山の抱く理想を実現させるため、梅屋はどんなことをしても彼を援助することに決め、「君は兵を挙けよ、我は財をもって支援す」との盟約を結んだ。梅屋の資金援助のもと、孫中山は広州蜂起を起こした。

 武装蜂起が失敗に終わると、孫中山は梅屋とジェームズ医師に勧められ、日本に渡り、日本を革命運動の基地とした。梅屋は孫中山と結んだ盟約を忠実に守り、孫中山が指揮する革命運動に対して武器援助と経済援助を続けた。

 梅屋夫妻は、孫中山と宋慶齢の仲人でもある。2人は1915年、東京で結婚した。その時に、梅屋と孫中山は義兄弟の杯を、梅屋夫人と宋慶齢は義姉妹の杯を、それぞれ取り交わした。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年7月26日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古