2011年7月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:16 Jul 27 2011

中国語能力試験、10月より試験的に実施

 3年間の研究期間を経た「漢語能力試験」(漢語=中国語)が10月より、上海市、江蘇省、雲南省、内モンゴル自治区で試験的に実施されることが、26日に明らかになった。新華網が報じた。

 リスニング・スピーキング・リーディング・ライティング能力を全面的に測定する、中国語母語者を対象とする中国初の「漢語能力試験」は、中国教育部、国家語言文字工作委員会の指導下、中国教育部試験センターの作成により実施される。

 中国教育部試験センターの戴家干主任は、「近年、社会では外国語ブームに伴い母国語がないがしろにされ、また中国語の欧米化、ネット用語の氾濫といった現象が起きている。漢語能力試験の実施は、試験とその評価により学習者の意欲を高め、中国語の学習と使用を促進することを目的とする」と語った。

 作文を除くその他の内容に関しては、パソコンで動画を閲覧する形で試験を進める。成績は「入門級」、「基礎級」、「普及級」、「通用級」、「提高級」、「専業級」の6段階に分かれる。受験者は成績表のほか総合評価を取得することができ、人種・地域別の成績、中国語能力向上に向けた課題を知ることができる。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年7月27日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古