2011年7月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:13 Jul 29 2011

北京-沖縄直行定期便が運航スタート

 中国海南航空が運航する北京-沖縄直行定期便第一便が28日夕、沖縄那覇空港に到着、沖縄県は北京からの観光客を迎える歓迎式典を催した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 沖縄県の仲井真弘多知事、沖縄観光コンベンションビューローの安里繁信会長、駐福岡中国総領事館の武樹民総領事らが歓迎式典に出席した。また、前国務委員、中日友好協会名誉顧問、中日友好21世紀委員会中国側座長の唐家セン氏が祝電を送った。

 仲井知事は「140万の沖縄県民を代表して、中国から沖縄観光に来られた153人の皆さんを熱烈に歓迎いたします。北京-沖縄直行定期便の就航を機に、北京と沖縄の友好交流がさらに深まり、中国と日本の交流がより促進されるでしょう」とあいさつした。

 海南航空の于文勇副総裁は「中日両国は一衣帯水の友好隣国です。北京-沖縄線は、東日本大震災が起こった3月11日以降、初めて新たに開通した路線で、週2便のフライトがより多くの中国人観光客を沖縄に誘い、中日両国の友好関係を促し、経済・観光交流を強めるための金のかけ橋となることでしょう」と話した。

 日本政府は今月1日から、沖縄を訪れる中国人観光客のうち、経済的条件を満たす個人およびその家族を対象に、マルチビザ(有効期限内であれば何度でも往復が可能な査証)の発給をスタートさせた。日本が観光マルチビザを導入したのは今回が初めて。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年7月29日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古