2011年8月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:31 Aug 03 2011

海南島を旅行中の被災地児童 テーマイベント7つに参加

 温家宝総理の招待を受け、療養のために海南島で夏休みを過ごす東日本大震災の被災地児童100人が1日午後、無事到着した。児童らはこれから7日間、「陽光あふれる海南島の旅」を楽しむ。 日本全国旅行業協会会長を務める二階俊博衆議院議員も100人の児童と共に今回の旅行に参加している。二階氏は記者の取材に対し、「日本の東北地方で津波災害が発生したのを受け、中国の方たちが各方面で援助してくださっている。災害が子供たちに与えた心の傷のケアのため海南島で夏休みを過ごすよう、今回子供たちを招待してくださり、心から感謝している」と感謝の気持ちを述べた。海南省の地元紙「海南特区報」、「海南日報」が報じた。

 今回の旅行は「陽光溢れる海南で愛を伝える」をテーマにした7日間の旅だ。児童たちはまず海口市(かいこうし)に2日間滞在した後、瓊海市(けいかいし)に半日、保亭リー族ミャオ族自治県に2日間、三亜市(さんあし)に2日間それぞれ滞在する予定。この7日の日程の間に、100人の日本の子供たちは、オリジナリティに富む7つのテーマイベントに参加し、「中国のハワイ」と呼ばれる海南島で熱帯地方独特の風情を体験する。これらのイベントが子供たちの心の傷を癒し、中日双方の民間交流が促進されることが期待されている。

 ▽「ようこそ海南島へ」をテーマにしたイベント

 海口美蘭国際空港で歓迎セレモニーが行われ、現地の子供たちがぬいぐるみや少数民族の衣装を着て、日本の子供たちにレイやヤシで作ったストラップなどをプレゼントした。さらに関連の指導者が歓迎の辞を述べ、日本の子供たちは海南島の人たちの優しさやもてなしの精神に触れた。

 ▽「手をつなぎ、心と心を結ぶ」をテーマにしたイベント

 海南省博物館の見学を通して、中国や海南島の歴史・文化を子供たちに知ってもらう。また日本の児童は現地児童との親睦会に参加し、一緒にグラフィティを描いたり手形を押したりして、自分の素晴らしい未来を描きだす。描かれたグラフィティは中日児童の友情の証として同博物館に長期間保存される。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古