2011年8月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:16 Aug 04 2011

海南省政府、被災地児童の歓迎レセプション開催

 海南省政府は2日夜に海口市で、「海南の明るい日差しが、温かい心を伝える」海南の旅に参加している被災地日本人児童100人と随行者を招待、歓迎レセプションを開いた。海南日報が伝えた。

 国家旅遊(観光)局の祝善忠副局長、海南省の符躍蘭副省長、省観光委員会の主任を務める陸志遠省長助理らがレセプションに出席した。日本側からは、日本旅行業協会の会長を務める二階俊博衆議院議員、林幹雄衆議院議員、日本の著名評論家である森田実氏、日本観光庁の山田尚義審議会、日本旅行業協会の中村達朗理事長、全国旅行業協会の有野一馬専務理事、日本修学旅行協会の理事長の河上一雄理事長、駐広州日本総領事館の田尻和宏総領事らが顔を揃えた。

 歓迎レセプションでは、符副省長が、中日両国の友好のシンボルとして、版画「藤原氏とリー族姉妹」を二階議員に贈った。省美術協会版画芸術委員会の王楠・副秘書長が、南に住むある老女の秘蔵写真をもとに、この版画を制作した。版画には、リー族の民族衣装に身を包んだ日本人医師の藤原氏とリー族姉妹とが一緒に立っている姿が描かれており、元となった秘蔵の写真は、彼らの友情の証だ。

 レセプションでは、中日両国の学生代表が素晴らしいパフォーマンスを披露した。日本から参加した福島佳代さんは、「バイオリン協奏曲・梁祝(リャンチュウ)」のメロディーをバイオリンで演奏、海南の学生3人もそれぞれ、バイオリンや二胡による演奏を披露した。

 レセプション終了後、日本人児童は、実景野外劇「印象・海南島」を観賞した。彼らは3日午前、海口に別れを告げ、瓊海、保亭に向かった。子供たちの素晴らしき海南の旅は、まだまだ続く。(編集KM)。

 「人民網日本語版」2011年8月4日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古