2011年8月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:05 Aug 04 2011

「世界をより身近に」 海南の子供達を日本に来年招待

 中日両国は互いの修学旅行市場を開発することで、より親密になれる----。

 子供は国家の未来であり、中日両国が、友好を代々続け、青少年交流と意思疎通を強化することは極めて重要だ。東日本大震災被災地の小中学生100人が、海南島で夏休みを過ごしている最中だ。彼らを率いる日本旅行業協会会長の二階俊博衆議院議員は、海南で心のこもった歓迎を受けたことに感謝を示すと同時に、海南の子供達を日本に招待することを提案した。日中国交正常化40周年という重要な節目にあたる来年、今度は海南の子供達が日本に招かれる。

 二階議員は「日本の子供達が、度重なる困難を克服して自分の夢を実現させた鑑真和上を学び、理想のために奮闘努力する精神を身に着けることが、今回の海南旅行の重要目的のひとつだ。また、中国の子供たちとの交流を深め、中日友好の使者となってほしいという希望も彼らに託されている。海南島を『東洋のハワイ』と思っている人が多いが、海南の多くの地方は、ハワイを上回っていると私自身は感じている。今後の海南の発展潜在能力は極めて大きい」と述べた。また「海南は豊富な観光資源に恵まれている。この優勢を大いに活用し、スポーツトレーニング施設を建設すれば、多くの日本の大学生が遠征トレーニングで海南を訪れるだろう。それにつれて、日本のメディアやファンも海南にやって来る。誘致の面で、自分の役割を大いに発揮できればと願っている」と続けた。
 
 日本の修学旅行市場は非常に成熟している。日本の旅行最大手・JTB仙台支店市場開発課の相原和洋氏は、「中日国交正常化40周年を契機に、中日両国が修学旅行市場でより大きなマーケティングを展開できる可能性は高い。今回の『陽光溢れる海南で愛を伝える』海南の旅が絶好のスタートとなった。来年、海南の子供達が日本の東北地方を訪れるならば、最高のプランは『雪遊び』ツアーだろう。熱帯の海南に住む子供達が、初めて見る雪でスキーを楽しめる。また、東北にはバラエティに富んだ多くの地方民俗イベントがある。たとえば、日本各地でこのほど、各種イベントを通じて七夕祭を祝った」と述べた。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年8月4日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古