2011年8月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:16 Aug 09 2011

中国で最も幸福感のある都市 成都市が2位

 中国の雑誌「商務旅行」が今年2月に発表した「世界で住みやすい都市」ランキングで、トップに輝いた中国四川省の省都・成都市がまた新たなる栄光を手にした。「中国城市競争力研究会」と「香港浸会大学当代中国研究所」がこのほど共同で発表した「2011中国城市別優位性ランキング」で、成都が「最も幸福感のある都市」で2位、「生活の質の高い都市トップテン」で4位にランクインしたのだ。中国紙「華西都市報」が報じた。

 巴蜀文化(古代四川)を研究する専門家で、四川省社会科学院の特約研究員でもある袁庭棟氏は7日、「成都市の幸福感の背景には、この地独特の文化と歴史があり、物質的に富んでいるか否かはあまり関係がない」と指摘。

 「2011年中国で最も幸福感のある都市ランキング」で成都市は計94.14点を獲得、1位の杭州市とはわずか0.04点差だった。このランキングでは、満足感指数、生活の質指数、エコ環境指数、社会文明指数、経済福祉指数の一次指標5項目に加え、二次指標21項目、三次指標47項目が総合的に考慮されている。

 中国城市競争力研究会は「都市の幸福感は都市に住む市民全体の認識度、依存度、安定感、満足感、他の都市に住む人からのあこがれ度や称賛度に起因する。特徴としては、大部分の市民が住みやすいと感じており、地域独特の文化があり、快適で美しい環境があることなどが挙げられる」としている。

 「2007年より毎年行われている『中国で最も幸福感のある都市』の選出は、今回で5回目となり、中国の300近い都市の中で、成都市は毎回のようにランキングのトップに名を連ねている」「これは成都市が優位性や独特の特徴を備えることができるよう近年、自然環境、生活の質、文化・娯楽などさまざまな面で努力し成し遂げて来たことが全国的に認められていることの証である」と袁氏。

 成都市は近年、中国西部の重要な工業・商業都市となり、そして金融、科学技術、交通・通信などが集まるこの都市に、企業家たちがやってきて成功を収めている。「これらの要素が成都市を幸福感のある都市にしている」(袁氏)(編集KN)

 「人民網日本語版」2011年8月9日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古