2011年8月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:15 Aug 09 2011

妊娠初期のお茶摂取 奇形発症リスク高める

 中国は世界でも神経管閉鎖障害(NTDと呼ばれ脊椎披裂、口蓋裂などの先天性奇形を含む)の発生率が高い国だ。北京大学健康研究センターはこのほど、妊娠初期の妊婦が毎日お茶を大量に飲み続けた場合、胎児のNTD発症リスクが高まることを突き止めた。一方、お茶を飲むかどうかにかかわらず、妊娠初期にビタミンB群の仲間である葉酸の摂取量を高めると、胎児のNTD発症リスクを低下させる効果があるという。 (編集KN)
 
 「人民網日本語版」2011年8月9日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古