2011年8月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:40 Aug 09 2011

中国人医師の9割以上が「収入に不満」

 中国医師協会が8日発表した調査報告では、調査対象となった医師の95.66%が「自分の収入は、仕事内容に見合うものではない」と思っていることが判明した。この割合は、前回調査が行われた2009年に比べ、約4ポイント上昇している。新京報が伝えた。

 ▽医師の半数が職場環境に不満

 中国医師協会は8日、「第4回医師執務状況調査研究報告」を発表した。これによると、医師全体の48.51%が、「現在の職場環境に満足していない」と答え、満足している人の割合はわずか19.02%だった。

 特に、職場環境に対する満足度が最も低かったのは、都市部一級病院の勤務者(5.44%)と郷村病院の勤務者(11.46%)。

 中国ではこのところ、医師と患者とのいざこざや院内での暴力事件がたびたび発生している。中国医師協会の殷大奎会長によると、医師の55.66%が「社会には、医師に対する偏見がある」と思っていることが、今回の調査で明らかになったという。

 殷会長は、報告会において、「中国では、医師の平均所得は勤労者の平均所得のわずか1.19倍と、その他のハイレベル職従事者の所得より格段に低い。 ハイレベル職に従事している人の平均所得は、一般勤労者の1.71倍、自然科学関連業界では1.6倍だ」と語った。

 この現実は、報告の中で数字に表れている。医師の95.66%が、「自分の収入は、仕事相応の額ではない」と思っている。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古