2011年8月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:11 Aug 12 2011

北京の伝統的お菓子、世界遺産申請へ

 北京風のきなこ餅「驢打滾」や北京風の大福餅「艾窩窩」など北京の伝統的なお菓子を世界遺産に申請するプロジェクトが立ち上がったことが11日、北京市商務委員会への取材で分かった。プロジェクト立ち上げと同時に、申請に向けた事前調査も始まったという。中国紙「京華時報」が伝えた。
 
 同プロジェクトは、市商務委員会の後援、北京老字号(老舗)協会などの協力で進められている。市商務委員会の責任者はプロジェクトの実施について、ブランド価値の向上や制作技法の保護・伝承、業界の健全な発展につながると指摘。

 同責任者によると、区レベルの審査はすでに通過している。今回の調査は市の無形文化遺産への申請に向けた地ならしで、最も代表的な北京のお菓子に関するアンケート調査を市全体で実施するという。
 
 このほか、市商務委員会は同日、中国各地から老舗企業200社が一堂に会する「中国中華老字号博覧会」を18日から21日まで北京展覧館で開催すると発表した。商務部の後援、市商務委員会や中国商業連合会などの共催で行われる。参加者は老舗企業の文化に無料で触れることができる。(編集YT)

 「人民網日本語版」2011年8月12日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古