2011年8月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:17 Aug 17 2011

日本女子サッカー界を支える若者たち

 先月ドイツで開かれた女子ワールドカップ(W杯)で初優勝の快挙を成し遂げた日本女子サッカー「なでしこジャパン」。そんな日本女子サッカー界の将来を担う「予備軍」の姿をぜひとも見てみたいと思い、深センで開催中のユニバシアード競技大会の会場に足を運んだ。

 成績はどうあれ、日本大学生チームは全体の動きの速さ、守備隊形のすきのなさ、ショートパスの技術、素早いフォロー、ディフェンスへの戻りの速さなど日本代表チームから受け継いだプレースタイルに目をひかれた。身長が低いという日本独特の弱点は近いうちに克服できるものではなく、大学生チームの2トップを担う2人もいずれも157センチしかない。しかし、長年培ってきた技術や息のあったコンビネーションでそれをカバーし、芝生の上を走るボールはいつも日本チームが支配していた。試合を見ていた国際サッカー連盟(FIFA)のテクニカル・スタディー・グループ・メンバー郭家明氏(香港)や香港サッカー協会のテクニカルディレクター孫葆潔氏はともに日本女子サッカーのプレーを絶賛。この大学生で構成されている日本女子サッカーチームは、先月ワールドカップを制したなでしこジャパンの雛型ともいえる十数年前の日本代表チームと同レベルだという。これらは日本の小中学校が幅広く行っている女子サッカー活動によって基礎が据えられているからこそ成し遂げられるのであり、大学に入ってサッカーを始めてできるようなことでは決してない。

 日本の女子サッカーが何十年もかけて進歩を遂げた道のりは決して平たんではなかった。世界の強豪に惨敗を喫したり、12年前にはワールドカップ決勝にも進んだ中国女子サッカーに圧倒されたりと、苦い経験を積んできた。しかし、彼女達がリベンジを誓ったり、短期間に成果を上げようと躍起になったりしているという話は耳にしない。彼女たちはただただ、日本サッカー発展のために設けられたさまざまな取り決め従って黙々と、そして着実に歩み、今日異なるレベルの試合で好評価が得られるようにまで成長してきた。そして「なでしこジャパン」が先月アジアサッカーで初めて世界一にまで上り詰め、日本の女子学生チームにもさらなる活力をもたらしている。

 試合後日本女子サッカーチームの選手が負傷した仲間を背負って整列し、観客に向かってあいさつをした時、観客からは大声援が起こった。この「予備軍」全員が未来の「なでしこジャパン」の一員になるわけではなく、また全員がそれを目指しているわけでもない。しかし学生時代から反骨精神を持って良い経験を積んでいるこれら「予備軍」の中から未来の「なでしこジャパン」が生まれることには違いない。これから引き続き世界の頂点を目指すかどうかにかかわりなく、彼女達は全員、「学生時代にユニバーシアード競技大会に出場し、不屈の精神を学び、サッカーの面白さを味わった」と胸を張って言えるはずだ。(中国共産党の機関紙「人民日報」記者 汪大昭) (編集KN)

 「人民網日本語版」2011年8月17日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古