2011年8月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:58 Aug 25 2011

ネットゲームとテレビで「引きこもりっ子」増加

 「宅男宅女(引きこもり)」に続き、「宅童(引きこもりっ子)」までもが増えている。夏と言えばもともと子供達が外で元気に遊ぶ季節だが、今の子供達は、学校が夏休みに入ると、毎日イヤホンをつけ、マウスを手から離さず、パソコンにかじりつき、家から一歩も出ない「飼い猫」のごとく、名実ともに「引きこもりっ子」となる。家から離れようとしない我が子を見て、親は感心しないどころか、頭を悩ませる。子供が外遊びに夢中になりすぎる心配はないものの、朝から晩まで「家にいる」ことが、肉体面・心理面で多くの潜在的リスクをもたらす恐れがあるからだ。青海新聞網が報じた。

 夏休みが明けると小学4年になる文文ちゃんの母親は「一週間、家から一歩も出ていません!学校に行く時は早くから家を出るくせに!」とこぼす。文文ちゃんが一日中しているのは、ネット接続やテレビ観賞ではなく、IPADで遊ぶことという。遊び疲れると、やっとIPADから手を放す。コンピュータやテレビの前に終日座っている「宅童」は少なくないようだ。5年生になる佩佩ちゃんは「コンピュータさえあれば、一週間外に出なくても平気」と言う。一方、親は「我々が小さい時には、外で遊びほうけていた子供たちを、大人が棒で追いかけて家に帰したものでした。今は、反対に、どうやって子供を外に遊びに出すかを考えなければなりません」と嘆く。

 「宅童」の誕生・増加の背景には、テレビ番組やネットゲームによる誘惑以外に、社会、学校、家庭などさまざまな原因も絡んでいる。多くの親は、子供が終日ネットでチャット、ゲーム、動画で遊ぶことを望んではいない。しかし、子供が外で遊ぶとなると、別の心配ごとが増える。たとえゲーム漬けであっても、外に出て事故に遭われるよりかはいいというのが親の本音かもしれない。多くの親は、自分の仕事が忙しく、子供と一緒に遊んでやる時間がほとんど無い。このため、子供は、ネット上のバーチャル空間に入り込み、ひとり遊びを楽しみ、自分で自分を慰めている。

 専門家はこれについて、次の通りコメントしている。

 夏休みの「宅童」は、家庭教育の問題であると同時に、学校社会の問題でもある。社会は絶えず発展しているが、社会教育活動の空間は、逆に小さくなっており、休み中に子供が活動したいと思っても、どこで何をすれば良いのか分からないのが現状だ。「宅童」の誕生は、実のところ、未成年者のための公共サービスが欠けていることの現れであろう。夏休み中に子供達が遊べる公共サービスの場は、あまりにも少ない。組織的な社会実践活動やサマーキャンプは、数えるほどしかない。このため、子供達が夏休みに行く場所はなく、「家で座っている」ことしかできないのだ。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年8月25日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古