2011年8月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:38 Aug 30 2011

「広西銅鼓賞」受賞作は日本アニメの盗作?

左は国産アニメ「心霊の窓」、右は日本アニメ「秒速5センチメートル」

 ▽広西最高の文芸賞受賞作、日本アニメに酷似

 数多くのシーンやコンテが日本の有名アニメ「秒速5センチメートル」と酷似しているとネット上で話題になっていた中国アニメ「心霊の窓」(広西チワン族自治区柳州市のアニメ制作会社が制作)がこのほど、第6回広西文芸創作銅鼓賞のグランプリを獲得し、物議をかもしている。新華社のウェブサイト「新華網(南寧)」が29日付で伝えた。

 「心霊の窓」制作会社は、新華社のコラム「中国網事」の取材に対し、「この作品の一部シーンやコンテが、ほかのアニメと似ていた事実は認める。しかし、その後、類似部分が修正され、グランプリを受賞した」と説明した。広西銅鼓賞組織審査委員会は「調査の結果、ネットユーザが指摘した通り、受賞作の一部が他の作品の盗作である事実が判明した場合、厳しく処分する」と表明している。

 ▽ネットで騒然 広西最高の文芸賞受賞作は「山寨貨(コピー作品)」

 あるネットユーザがこのほど、「天涯網」や「時空網」のフォーラムに、「恥辱!日本アニメ『秒速5センチメートル』のコピー作『心霊の窓』 が広西最高の文芸賞を受賞」と書き込み、柳州市のアニメ制作会社による「心霊の窓」の多くのシーンやコンテが、日本の有名アニメ「秒速5センチメートル」に酷似していると指摘した。

 ユーザネーム「itachi3」さんは「銅鼓賞は広西で最高の文学賞だ。コピー作がグランプリを受賞するとは、広西の文化芸術レベルも地に落ちた」と書き込んだ。あるネットユーザは「コピー作がこのようにやすやすと賞を獲得できることが分かれば、多くのアニメ・漫画制作会社が、先を争うように『山寨貨(コピー作品)』作りに精を出すのではないだろうか。このようなやり方で名声と利益が得られるのなら、コストもかからずごく簡単なことだから」と心配している。

 ネットユーザの指摘では、国産アニメ・漫画作品には、作品名だけでも海外の一部作品に酷似しているものが多く、内容も真似ているケースが多々あるという。

[1] [2] [3]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古