2011年8月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:31 Aug 31 2011

新入生の8割が「親同伴」で入学手続 中国

 中国各地の大学ではここ数日、入学手続のピークを迎えている。各キャンパスでは、新入生の8割以上が、「親同伴」で入学手続を行っているようだ。なかには、家族5、6人に付き添われてやってくる学生もいる。華西都市報が伝えた。

 大学構内に入ると、親は、子供に代わって諸費用を納め、荷物を運び、布団を整えるなど、まさに「至れり尽くせり」のサービスぶりだ。新入生手続を担当する大学職員によると、単独で入学手続を行う新入生は、全体の2割もいないという。親、学生のいずれにしても、独立した生活能力を身に付けるこの「第二次乳離れ」の機会を逃してはいけない。子供の独立心を養うことは、大学以上に親が担うべき重要な責任だ。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年8月31日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古